生命保険に相続税がかかるときの非課税枠について解説!相続人の数によって変わる【相続】

「生命保険には相続税が課税されるらしいけれど控除や非課税枠はあるのかな」
「生命保険にかかる相続税の控除額・非課税枠が知りたい」

こんなことを考えている方に向けて書きました。

生命保険には非課税枠があります。

生命保険の非課税枠はどれくらいなのか解説します。

1.生命保険非課税枠の限度額は500万円 × 相続人の数

被相続人の死亡によって取得した生命保険の死亡保険金を相続人が受け取る場合、500万円 × 相続人の数非課税枠の限度額が設けられます。

相続人のうち複数人が生命保険を受け取る場合、限度額(500万円)に全ての相続人が受け取った生命保険の金額に対するその相続人が受け取った生命保険金の金額の割合をかけた金額が非課税枠となります。

MEMO
  • 死亡保険金の受取人が相続人の場合、500万円 × 相続人の数 の非課税限度額が設けられる
  • 限度額に全ての相続人が受け取った生命保険の金額に対するその相続人が受け取った生命保険金の金額の割合をかけた金額が非課税枠となる

2.生命保険非課税枠の計算に用いる相続人の数え方

相続人の数は、相続人となる子どもの中に養子が含まれる場合、数え方が変わることがあります

相続人の中に実子がおらず、相続人の中に養子が2人以上いる場合、子どもは2人として数えます。

なぜなら、非課税限度額を増やすことを目的に、養子を増やしまくるということが考えられるからです。

相続人の中に実子がいて、相続人の中に養子が1人以上いる場合、養子は1人として数えられます。

例えば、実子がいなくて養子が3人の場合、養子の数は2人と数えられます。

そのため、子どもの数は4人ですが、相続人としては3人として数えられます。

実子が1人で、養子が2人の場合、養子の数は1人と数えられます。

そのため、子どもの数は3人ですが、相続人としては2人として数えられます。

MEMO
  • 相続人の中に実子が含まれる場合、養子は1人として数える
  • 相続人の中に実子が含まれない場合、養子は2人として数える

3.生命保険の非課税枠の具体例

例えば、Aさんが亡くなったとします。

相続人は、Aさんの配偶者Bさんと、Aさんの子どものCさん(実子)とDさん(実子)だとします。

Aさんの死亡によって、3000万円の死亡保険金をBさんが受け取り、1000万円の死亡保険金をCさんが受け取るとします。

相続人はBさん・Cさん・Dさんの3人なので、1500万円(500万円 × 3)の非課税限度額が設けられます。

Bさんが受け取る生命保険にかかる相続税の非課税枠は、1500万円 × (3000万円 / 4000万円) の1125万円が非課税枠になります。

Bさんは、1875万円(3000万円 – 1125万円)に対して相続税がかかります。

Cさんが受け取る生命保険にかかる相続税の非課税枠は、1500万円 × (1000万円 / 4000万円) の375万円が非課税枠になります。

Cさんは、625万円(1000万円 – 375万円)に対して相続税がかかります。

もし、相続人がBさん1人だけの場合、同じ3000万円を受け取るとしても、非課税限度額は500万円なので、2500万円(3000万円 – 500万円)に対して相続税がかかります。

また、生命保険が相続対策としてどのようなメリットがあるのか、こちらの記事で詳しく解説しているのでご覧ください。

4.日本法規情報「相続サポート」プログラム

生命保険にかかる相続税がいくらなのかということの他、相続周りの問題はたくさんあります。

相続周りの問題に直面したら1人で抱え込まず、すぐに専門家に相談しましょう。

相続周りの問題に直面した時の強力な味方として、終活カウンセラーである私がオススメする、日本法規情報の「相続サポート」プログラムを紹介します。

日本全国約1,000事務所、3,000人以上の専門家から、法律に関する様々なトラブル相談窓口を無料で紹介してもらえます。

相続周りの問題で悩んでいる方は日本法規情報「相続サポート」プログラムを利用しましょう。

日本法規情「相続サポート」プログラムの3つのポイント
  1. ご希望にあった場所や時間を指定できる
  2. 土日の相談にも対応
  3. 相談だけでも可
細かい要望に対応してくれて、相談のみでもOKなので、相続周りの問題は安心して頼ることができます。