相続放棄しても遺族年金はもらえる?相続放棄してももらえる財産【相続】

相続放棄

「夫が亡くなった時、わけあって相続放棄しました」
「相続放棄した場合、遺族年金をもらうことはできないのでしょうか」

このような疑問を持っている方に向けて書きました。

相続放棄をしていても、遺族年金を受け取ることはできます。

遺族年金に限らず「相続放棄をしても相続できる財産はないのか」ということが気になる方が多いでしょう。

そのような方のために、相続放棄をした場合でも受け取ることのできる財産をご紹介します。

この記事を最後まで読んで、「相続放棄したけれど、もらえるはずのお金をもらっていなかった」ということがないようにしましょう。

1.生命保険の死亡保険金

死亡保険金は、相続税が課されますが、受取人固有の財産とみなされるので、相続放棄していても受け取ることができます

相続放棄をしたかどうかによって課税のされ方が変わってきます。

1-1.相続放棄をしなかった場合の相続税

受け取った死亡保険金から、500万円 × 相続人の数 の非課税枠を引いた金額に相続税が課税されます。

例えば、死亡保険金が5000万円で、相続人が3人の場合、

5000万円から1500万円(500万円 × 3人)を引いた、3500万円に対して相続税が課税されます。

1-2.相続放棄をした場合の相続税

受け取った死亡保険金から、3000万円 + 600万円 × 相続人の数 の基礎控除額を引いた金額に相続税が課税されます。

例えば、死亡保険金が5000万円で、相続人が3人の場合、

5000万円から4800万円(3000万円 + 600万円 × 3人)を引いた200万円に対して相続税が課税されます。

2.遺族年金・死亡一時金

遺族年金死亡一時金相続放棄していても受け取ることができます
遺族年金は家計を支える方が亡くなった時に、残された家族を守るために支給されるお金のことです。

国民年金や厚生年金から支給されます。

死亡一時金は、保険料の払い損を防ぐために、保険料を納めた月数に応じて支給されるものです。

遺族年金や死亡一時金は相続財産とはみなされないので、相続放棄をしても問題なく受け取ることができます。

遺族年金や死亡一時金についてもっと詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧ください。



遺族年金について

3.未支給の年金

未支給の年金も、相続放棄をしていてももらえます

年金受給者が亡くなった場合、死亡届を出して年金の支給を停止させる必要があります。

8月20日に亡くなったとします。

この場合、7月に支給される5,6月分の年金は支給できます。

ところが、7月分と亡くなった月の8月分は9月に支給されますが、年金の支給を停止させているため年金を受け取ることはできません。

この未支給の年金は、亡くなった年金受給者と生計を同じくしていた人がもらう権利があります。

仮に、相続放棄をしていたとしても、未支給の年金を受け取ることはできます。

4.もらえるはずのお金をもらってなかったことがないようにしましょう

相続放棄をしていてももらえる財産をご紹介しました。

相続放棄をしていても受け取れる財産
  1. 生命保険の死亡保険金
  2. 遺族年金・死亡一時金
  3. 未支給の年金

これら受け取れるはずの財産を受け取っていなかったということがないようにしましょう。