甥姪が代襲相続人となるケースは?代襲相続人になった場合の留意点【相続】

代襲相続

「子どもがいない叔父さんが亡くなった」
「甥っ子や姪っ子の代襲相続ってどうなっているの?」

このような疑問を持っている方に向けて書きました。

「甥姪として相続人になるケースがあるのか」
「甥姪として相続人になってしまったら何に気をつけたらいいのか」

親子関係や兄弟関係と比べる甥姪というのは、遠い関係性であるので、その分相続が絡んでしまうとトラブルになりやすいです。

相続トラブルを避けるために、甥姪として相続人になるケースや、相続人になった場合の留意点について紹介しています。

1.甥姪が代襲相続するケース

「どのようなケースで甥姪が相続することになるのでしょうか」

一言で表すと、被相続人の「直系卑属・直系尊属・兄弟姉妹」が全員いない場合、甥姪が法定相続人となります。

知らないうちに相続人となってしまわないように、法定相続人の決め方や、甥姪が相続人となるのはどのようなケースなのか理解しておきましょう。

ここでは、法定相続人の決め方を一から丁寧に解説していきます。

1-1.第一順位は被相続人の直系卑属

まず、被相続人の配偶者は無条件で法定相続人となります。

その上で、配偶者以外の法定相続人が誰なのかを決めるのにルールがあります。

亡くなった被相続人との血縁関係に応じて、法定相続人として選ばれる優先順位があるのです。

被相続人に子どもがいる場合は、優先的に子どもが法定相続人となります。

難しい言葉を使って説明すると、被相続人の直系卑属(子・孫・ひ孫)は第一順位の法定相続人になります。

MEMO
  • 被相続人の配偶者は無条件で法定相続人
  • 被相続人に子どもがいる場合、子どもも法定相続人

1-2.子どもが亡くなっていたら孫へ代襲相続

「被相続人の子どもが亡くなっていたらどうなるのでしょうか」

被相続人の子どもが既に亡くなっていた場合、代襲相続が発生します。

第一順位の法定相続人は被相続人の直系卑属(子・孫・ひ孫)ですから、子どもが亡くなっていれば孫へ、孫も亡くなっていればひ孫へ…と掘り下げていきます。

これを代襲相続と言います。

亡くなった被相続人の子どもも亡くなっていたら、孫が法定相続人となります。孫も亡くなっていたら、ひ孫が法定相続人となります。

さすがにひ孫まで行くことは現実的には起こりえませんが、ルール上はこのように決めます。

MEMO
  • 被相続人の子どもが亡くなっていたら孫が代襲相続する

1-3.第二順位は被相続人の直系尊属

「被相続人の直系直系卑属全員が既に亡くなっていたり、元々子どもがいなかったらどうなるのでしょうか」

第一順位である直系卑属の全員が既にいない場合、第二順位である直系尊属が法定相続人となります。

被相続人の両親のどちらかでもご存命であれば、被相続人の親が第二順位の法定相続人となるのです。

また第一順位と同様に、両親が亡くなっていたら祖父母へ、祖父母も亡くなっていたら曽祖父母へ、という風に代襲相続していきます。

現実的には、祖父母や曽祖父母が代襲相続するというケースは滅多にありません。

MEMO
  • 直系卑属がいない場合、直系尊属が法定相続人になる。
  • 被相続人の父母がいない場合、祖父母が代襲相続する。

1-4.第三順位は被相続人の兄弟姉妹

「被相続人の直系尊属も全員既に亡くなっていたらどうなるのでしょうか?」

第二順位の法定相続人もいない場合は、被相続人の兄弟姉妹が第三順位の法定相続人となります。

Aさんが亡くなって、Aさんには子どもがいない(あるいは既に他界している)、両親・祖父母も既に他界している、という状況で、Aさんの兄弟姉妹が法定相続人となります。

MEMO
  • 直系卑属も直系尊属もいない場合、兄弟姉妹が法定相続人となる

1-5.兄弟姉妹が亡くなっていたら甥姪に代襲相続

「被相続人の兄弟姉妹も既に亡くなっていたらどうなるのでしょうか」

被相続人の兄弟姉妹も既に亡くなっている場合、ここでようやく甥姪の出番です。

第三順位の法定相続人が他界している場合、その子どもである、被相続人から見て甥姪に当たる人が代襲相続します。

第三順位は、第一順位や第二順位と違って、甥姪も亡くなっている場合に、さらにその子どもが代襲相続するということはありません。

MEMO
  • 第三順位の法定相続人が亡くなっている場合、甥姪が代襲相続する
  • 甥姪が亡くなっている場合にその子どもが代襲相続することはない

2.甥姪が代襲相続するときの留意点

「甥や姪として相続することになった場合、どういったことに注意すれば良いでしょうか」

そういったケースになった場合、「甥や姪はどういったことに気をつけるべきか」注意点を挙げていきます。

2-1.相続税が2割加算になる

甥姪が相続する場合、相続税が2割増しになります。

被相続人の父母・子ども配偶者以外は相続税が2割増しになってしまいます。

相続税の2割加算が行われる場合の加算金額 = 各人の税額控除前の相続税額×0.2

2割加算のことを知らないと、「相続税が100万円だと思っていたのに、120万円取られた」ということになるので、あらかじめ知っておきましょう。

注意
  • 被相続人の父母・子ども・配偶者以外は、相続税が2割増
  • 甥姪として相続する場合、相続税が2割増

2-2.半血の兄弟の場合相続分が少なくなる

被相続人の兄弟姉妹が、半血である(父母の一方のみを同じくする)場合も注意です。

民法900条の第3号と第4号にはこのように書かれています。

民法900条・第3号と第4
  • 三.配偶者及び兄弟姉妹が相続人であるときは、配偶者の相続分は、4分の3とし、兄弟姉妹の相続分は、4分の1とする。
  • 四.子、直系尊属又は兄弟姉妹が数人あるときは、各自の相続分は、相等しいものとする。ただし、父母の一方のみを同じくする兄弟姉妹の相続分は、父母の双方を同じくする兄弟姉妹の相続分の2分の1とする。

例えば、1000万円の財産があったとします。

被相続人の配偶者がご存命かつ、被相続人の甥姪が代襲相続するケースを考えます。

甥姪の取り分は、1000万円の財産のうち4分の1なので、250万円となります。

甥姪が1人ではなく複数人いる場合は、その250万円を等分して分けることになります。

ただし、被相続人とその兄弟が父母の一方のみを同じくする場合、甥姪の取り分は、本来の取り分の2分の1なので、125万円となります。

半血の場合取り分が少なくなることを知らないと「あれ、思ってたのと違う」ということになるので注意しておきましょう。

注意
  • 親が被相続人と半血の場合、甥姪としての取り分は本来の2分の1

2-3.甥姪が養子の子の場合は相続できないかも

甥姪の親が養子の子である場合、注意が必要です。

甥姪が養子縁組の前に生まれた子であると、被相続人の傍系卑属とみなされないので、代襲相続権が発生しません。

あらかじめ、甥姪として、自分や自分の親が被相続人とどういう関係なのか、きちんと把握しておきましょう。

また、養子の子である場合は、難しい点が多々あるので、弁護士などの専門家に相談した方が良いでしょう。

注意
  • 親が養子縁組の前に自分を生んでいた場合、甥姪として代襲相続はできない

3.代襲相続しそうな場合は早めに準備しておきましょう

甥姪が代襲相続するケースがどういうものなのか紹介しました。

被相続人から見て、自分が甥姪に当たる場合、第一順位・第二順位・第三順位の法定相続人全員が既に亡くなっている場合、甥姪である自分に相続権が回ってくると考えましょう。

甥姪として代襲相続者となった時に留意しておくべき点についても紹介しました。

甥姪として代襲相続者となった場合の3つの留意点
  1. 相続税が2割加算
  2. 半血の場合相続分が少なくなる
  3. 養子の子の場合相続分が少なくなる

甥姪として法定相続人となった時に、叔父や叔母と疎遠だった場合、被相続人の配偶者にあまり良く思われず、トラブルになるケースもあります。

トラブルになりそうな場合は、早めに準備しておきましょう。

具体的には、被相続人との関係性をはっきりさせておくことであったり、弁護士などの専門家に依頼するなどです。

4.日本法規情報「相続サポート」プログラム

相続周りの問題はたくさんあります。

相続周りの問題に直面したら1人で抱え込まず、すぐに専門家に相談しましょう。

相続周りの問題に直面した時の強力な味方として、終活カウンセラーである私がオススメする、日本法規情報の「相続サポート」プログラムを紹介します。

日本全国約1,000事務所、3,000人以上の専門家から、法律に関する様々なトラブル相談窓口を無料で紹介してもらえます。

相続周りの問題で悩んでいる方は日本法規情報「相続サポート」プログラムを利用しましょう。

日本法規情「相続サポート」プログラムの3つのポイント
  1. ご希望にあった場所や時間を指定できる
  2. 土日の相談にも対応
  3. 相談だけでも可

細かい要望に対応してくれて、相談のみでもOKなので、相続周りの問題は安心して頼ることができます。