いらない空き家を相続してしまった!空き家を放置しておくデメリットと対処法

いらない空き家を相続してしまいました。

「いらない空き家を相続してしまって管理に困っている」

この記事はこんな悩みを持っている方に向けて書いています。

「定期的に管理しなければいけないし、固定資産税も払わないといけない」
「こんな空き家を相続しなければよかった」
「相続放棄しようにも申請期間がとっくに過ぎてしまっている」

いらない空き家を相続してしまうとこのようなことを思うでしょう。

「もう仕方がないから、そのまま空き家を放置してしまおう」

そんなことを考える方もいるかもしれません。

しかし待ってください。
そのまま放置しておくともっと大変なことになります

この記事では、空き家を放置しておくことの3つのデメリットを解説しています。
それだけでなく空き家を手放したり活用したりする方法手放せない場合の代替案もご紹介します。

この記事を最後まで読めば、「いらない空き家を相続してしまって困っている」あなたの役に立つでしょう。

1.空き家を放置しておく3つのデメリット

いらない空き家を管理するのは大変なのでいっそ放置しておきたい..。

「いらない空き家を相続してしまって放置しておきたい」気持ちはよくわかりますが、放置しておくと、現状よりももっと大変なことになります。

空き家を放置しておくデメリットを3つご紹介します。

1-1.空き家を放置しておくデメリットその1:固定資産税が6倍になる

空き家を放置しておくと、次第に防災性や防犯性が低下したり、不衛生な家になったりして、周辺住民に対して悪影響を及ぼすようになります。

周辺住民に悪影響を及ぼすような空き家は、行政に目をつけれ、特定の条件を満たすと「特定空き家」に指定されます。

「特定空き家」に指定されると、固定資産税の軽減措置の対象から外れてしまい、通常の6倍の固定資産税を支払わなければならなくなります

特定空き家に指定される条件は次のようなものです。

特定空き家に指定される条件
  • そのまま放置すると倒壊など著しく保安上危険となる恐れのある状態
  • そのまま放置すると著しく衛生上有害となる恐れのある状態
  • 適切な管理が行われていないことにより著しく景観を損なっている状態
  • その他周辺の生活環境の保全を図るために放置することが不適切である状態

それぞれが、具体的にどういう状態なのか、補足説明として簡単な例を加えます。

当てはまる状態の一例なので、参考にしてください。

1-1-1.そのまま放置すると倒壊など著しく保安上危険となる恐れのある状態

建物の基礎が傾いている空き家は倒壊の恐れがあるので対象になります。

また基礎や土台が腐食している場合も倒壊の危険性が高まるので対象になります。

1-1-2.そのまま放置すると著しく衛生上有害となる恐れのある状態

浄化槽などが破損していて汚物が流出していたり、ゴミが不法投棄されてゴミ屋敷になっているような状態が対象になります。

臭いや害虫が発生しているような建物も対象になります。

1-1-3.適切な管理が行われていないことにより著しく景観を損なっている状態

草木が建物を覆うような生え方をしている状態が対象になります。

他にも、窓ガラスが割れていたり看板が破損しているような状態も対象になります。

1-1-4.その他周辺の生活環境の保全を図るために放置することが不適切である状態

シロアリが繁殖していたり、アスベストが飛散するような建物が対象になります。

他にも、動物が住み着いていて鳴き声がうるさく、周辺住民に迷惑がかかっている状態も対象になります。

 

注意
  • 空き家を放置していて「特定空き家」に指定されると固定資産税が6倍になる

1-2.空き家を放置しておくデメリットその2:損害賠償を請求されるケースも

周辺住民の生活に悪影響を及ぼしてしまった結果、損害賠償を請求されるケースもあります。

例えば、老朽化した空き家が倒壊して、他の家屋を損傷させた場合などには、損害賠償責任があります。

仮に空き家が倒壊して、隣の家屋を全壊させてしまった場合、数千万円の損害賠償金を支払わなければなりません。

もっと最悪のケースを考えると、空き家が倒壊して運悪く通行人を下敷きにしてしまい人を死なせてしまうことも考えられます。

 

注意
  • 空き家の放置によって、周辺の家屋に損害を与えた場合、数千万円の賠償金が請求されることもある
  • 最悪の場合、空き家の倒壊によって人が死ぬ可能性もある

1-3.空き家を放置しておくデメリットその3:いずれ共有者が増えてしまう

いずれ空き家の共有者が増えてしまうというリスクもあります。

仮に、あなたが空き家を兄弟で共有しているとします。

兄弟の一人が亡くなったとき、その人の空き家の所有権は、その子どもに相続されるでしょう。

子どもが複数人が相続した場合、空き家の共有者が増えます。

空き家の共有者が増えてしまうと、空き家の処分がしづらくなります

空き家を売ったり活用したりしようと思っても、共有者全員の同意が必要になるからです。

空き家の共有者が増えてしまうことのリスクは、こちらの記事においても解説しています。

 

注意
  • 空き家の放置には、そのうち空き家の共有者が増えるというリスクもある

2.空き家の手放し方や活用方法を紹介

空き家の放置がいかに恐ろしいかよくわかったよ。
とはいえどうしたらいいの?

ここまでの解説を読んで「空き家を放置することのデメリットはわかったけれど、どうすればいいんだ」と思っている方もいるでしょう。

ここから、空き家を手放したり活用したりする方法をご紹介するので安心して最後までついてきてください。

2-1.売れるなら早めに売却する

空き家を手放す方法として、一つ目に紹介するのは、売却することです。

空き家を売却するのは、早ければ早いほどいいです。

空き家譲渡所得の特別控除の特例といって、一定の条件を満たすと、空き家を売った時に出る利益(譲渡所得)が3000万円までの場合、非課税になります

なぜ空き家の売却が早ければ早いほどいいのかというと、空き家譲渡所得の特別控除の特例が適用されるのは2023年12月末日までかつ相続してから3年以内の年末までに譲渡する必要があるからです。

空き家譲渡所得の特別控除の特例が適用される主な条件
  • 家屋または土地と家屋を相続したこと(土地のみはNG)
  • 相続開始の直前において被相続人以外に居住していた者がいないこと
  • 区分所有建物登記がされている建物でないこと(マンションではないこと)
  • 1981年(昭和56年)5月31日以前に建築されたこと
  • 相続時から売却時まで、事業、貸付、居住の用途で提供されていないこと
  • 相続人が更地にして譲渡する、または、新耐震基準に適合するリフォームをして譲渡すること

その他に細かい条件もありますが、まずはこれらの条件を満たしているかチェックしてみてください。
これらの条件を満たしていれば、空き家譲渡所得の特別控除の特例が適用される可能性があります。

もっと細かい条件は国税庁の HPを参照してください

家を解体したりリフォームする必要がありますが、土地が売れるのであれば、特例が適用される期間を過ぎてしまう前に早めに売却してしまいましょう。

 

MEMO
  • 売れるならなるべく早く売却する
  • 空き家譲渡所得の特別控除の特例を適用されれば譲渡所得3000万円までは非課税

2-2.借家として賃貸に出す

いらない空き家を借家として賃貸に出すことで活用するのも方法の一つです。

家を丸ごと売却してしまうのは気が引ける、将来的には自分が住むことになるかもしれない、という場合は、いったんは借家として賃貸に出すのが良いでしょう。

ただし、当然、貸主として果たすべき役割はあります。

例えば、水道や電気のトラブルが起こった時の対処などです。

貸主としての役割を果たす覚悟は必要となってきます。

うちの空き家を借りたい人なんているのかなあ

「うちの空き家を借りたいという人なんているのかな」
「借りてくれる人がみつかるまでは管理費だけがかかる」

と考えてる方のために、借り手を見つけるための方法を3つご紹介します

2-2-1.大家さんと入居希望者のマッチングサービス

部屋を貸したい大家さんと、部屋を借りたい入居希望者をマッチングさせるサービスを利用する方法があります。

「ウチコミ!」を利用すれば、不動産を介することなく、入居者に直接物件の良さをアピールすることができます。
ただ、自分から募集をかけることが煩わしいと感じる人には向いていないかもしれません。

2-2-2.自治体が運営する空き家バンク

自治体が運営している空き家バンクに登録するのも一つの手です。

空き家バンクに登録すると、空き家を買ったり借りたりしたい人を探すことができます。

地方自治体が空き家問題対策のために運営している制度なので、地方の田舎の物件ほど積極的に掲載してくれます。

一方で、入居希望者との契約に関して自治体は介入しないため、自分でしないといけないので注意が必要です。

2-2-3.Airbnb(エアービーアンドビー)などの民泊サービス

Airbnbは、旅行で泊まるところを探している人と、空き家や空き部屋をマッチングさせるサービスです。

Airbnbに空き家を登録することで、空き家を有効活用することができます。

しかし、海外からの利用者が多いため英語ができないと大変であったり、マナーの悪い観光客に当たってしまうリスクなどもあります

2-3.店舗やシェアオフィス・駐車場にする

経済的に余裕があるなら、店舗やシェアオフィスにリノベーションして、空き家を価値のあるものに変えるということも考えられます。

また、更地にして駐車場として貸し出すのも有効活用の一つでしょう。

3.空き家管理サービスの利用も検討してみる

うちの空き家は立地や条件が悪くて買ってくれる人いないよ
立地が悪過ぎて活用する術もないし。

「借家として賃貸に出すにも立地が悪すぎる」
「親の残した家を手放したくはない」

このような事情によりそれができない空き家もあるかと思います。

そういった方に活用していただきたいのが空き家管理サービスです。

空き家管理サービスは、所有者の代わりに、空き家の清掃や換気・通水、庭木の確認などを行ってくれるサービスのことです。

サービス内容によって費用様々で、月額数百円程度のところもあれば月額1万円以上かかるところもあります。

様々な空き家管理サービスがあるのでご自身の事情にあった空き家管理サービスに依頼してみてください。

4.まとめ:空き家を放置するのは危険!

空き家を放置しておくことがいかにデメリットだらけでリスクのあることかということを説明した上で、そうならないために、空き家を手放したり活用する方法をご紹介しました。

空き家を放置しておくことはリスクがあります。

空き家を放置しておく3つのデメリット
  1. 固定資産税が6倍になる
  2. 損害賠償を請求されるケースもある
  3. いずれ共有者が増えてしまう

これらのリスクを踏まえた上で空き家を手放したり活用したりする方法を考えましょう。

この記事では次のような方法をご紹介しました。

空き家を手放したり活用する3つの方法
  1. 売れるなら早めに売る
  2. 借家として賃貸に出す
  3. 店舗・シェアオフィスに改装したり駐車場にしたりする

また買い手が見つからない・立地が悪すぎるなどの理由でどうしても手放したり活用したりできない場合は、空き家管理代行サービスを利用するという方法もあるのでご検討ください。

この記事があなた家の空き家問題解決にお役立ちいただければ幸いです。