長男が遺産を独り占めしたら遺留分の減殺請求で遺産を守る!【相続】

母が亡くなって遺産相続について考えなければいけません。
父はすでに他界しているので、兄弟姉妹で遺産を相続することになりました。
しかし母の遺言には「全財産を長男に相続させる」と書いてあります。
長男も全ての財産を独り占めするつもりでいます。
長男以外の私たち兄弟は遺産を相続することはできないのでしょうか。

長男が偉いという昔ながらの考え方を持つ親が亡くなったときにありがちなのは、遺言に「長男に全ての財産を相続させる」と書いてあるという問題。

遺言に「長男に全て相続させる」とあったら長男以外の兄弟姉妹には遺産を相続する権利はないのでしょうか。

いいえ、最低限の遺産を相続する権利が確保されています

遺留分減殺請求をすれば長男の独り占めを止めることができます。

この記事では、長男が遺産を独り占めしようとした時にどうやってあなたも遺産を相続できるようにするのか解説しています。

長男が遺産を全て独り占めするということで困っている方は、ぜひこの記事を最後まで読んで、あなたも遺産を相続できるようにしましょう

1.長男が遺産を独り占めしようとしたら遺留分の減殺請求する

遺言に「長男に全ての財産を相続させる」とあって遺産がもらえないなら、遺留分の減殺請求をしましょう。

民法第1028条

兄弟姉妹以外の相続人は、遺留分として、次の各号に掲げる区分に応じてそれぞれ当該各号に定める割合に相当する額を受ける。

一 直系尊属のみが相続人である場合 被相続人の財産の三分の一

二 前号に掲げる場合以外の場合 被相続人の財産の二分の一

親の遺産を長男が遺産を独り占めしようとしている場合でも、相続人である全員で財産の2分の1は最低限もらえる額として確保されています。

もし遺留分としてもらえる額をもらえなかったら、遺留分の減殺求をすることで、遺留分をもらえる権利を主張することができます。

具体的な事例で説明します。

長男・次男・長女の3人で親の遺産3000万円を相続するとしましょう。

ここで長男が遺産を独り占めしようとしているとします。

しかし相続人は遺留分として全員合わせて

3000万円 ➗ 2 = 1500万円

1500万円は最低限もらう権利があります。

長男が独り占めしようとしていても

1500万円 ➗ 3 = 500万円

次男・長女は、それぞれ500万円もらえる権利があるのです。

そこで、遺留分の減殺請求をすることで500万円もらえる権利を主張します。

遺留分の減殺請求をしなければ、遺産は長男に独り占めされてしまい、あなたは遺産をもらえることはありません。

遺留分の減殺請求ができるのは期限が決まっているので注意しましょう

民法第1042条

減殺の請求権は、遺留分権利者が、相続の開始及び減殺すべき贈与又は遺贈があったことを知った時から一年間行使しないときは、時効によって消滅する。相続開始の時から十年を経過したときも、同様とする。

法律上はあなたが遺留分を侵害されていることを知ってから1年以内かつ相続開始から10年以内でなければ遺留分の減殺請求はできません。

しかし「遺留分を侵害されていることを知ってから1年以内」というのはわかりにくいですね。

いつ知ったかというのは証明することが難しく争点になりやすいです。

遺留分の減殺請求はできるだけ相続開始から1年以内にするようにしましょう

注意

  • 遺留分の減殺請求には期限が決まっている
  • 相続から1年以内にするのがのぞましい

2.長男の独り占め 遺留分の減殺請求する方法

長男が遺産を独り占めしようとしたら遺留分の減殺請求をすることで権利の主張ができるんだね。
どうやって遺留分の減殺請求をするの?

ここから、遺留分の減殺請求をする方法を解説していきます。

遺留分の減殺請求する方法

「遺留分減殺請求通知書」を内容証明郵便で送る

内容証明とは、どんな内容の文書が、いつ、誰から誰に差し出されたのか、ということを、差出人が作成した謄本によって日本郵便が証明する制度です。

遺留分減殺請求通知書には次の3つの内容が記載されている必要があります。

遺留分減殺請求通知書の内容

  • 遺留分減殺請求をする旨
  • 被相続人の氏名
  • 請求する者の氏名

3.長男の独り占め 専門家に依頼する3つのメリット

長男に遺留分減殺請求通知書を送った
次にどうしたら良いの?

ここまで遺産を独り占めする長男に遺留分減殺請求をする方法を解説しました。

請求をしたら直ちに遺産を受け取れるとは限りません。

長男が遺留分減殺請求に応じないこともあります。

長男が応じない場合に備えて弁護士などの専門家に依頼しておくことをオススメします

3-1.長男を応じさせることができる

長男が遺留分の減殺請求に応じなくても、法律の専門家である弁護士などに出てこられると応じざるをえなくなります。

遺言に書いてあるから、と強気で請求を無視している長男も、弁護士の登場でひるむかもしれません。

3-2.遺産分割協議での交渉を有利に運べる

遺産分割協議も弁護士などの専門家に任せておけば、できるだけあなたに有利になるようにことを運んでくれます。

弁護士なら法的根拠に基づいてきちんと主張することができます。

あなたが知らないうちに損してしまうことを防いでくれます。

3-3.遺産分割協議書の作成の相談もできる

遺産分割協議が成立したら遺産分割協議書を作成します。

遺産分割協議書の作成についても相談することができます。

その後の相続周りの手続きなどについても相談できます。

長男の独り占め問題が解決しても、別の相続周りの問題が発生することに備えて、弁護士などの専門家に依頼しておくと安心です。

4.まとめ:長男に遺産を独り占めされたら遺留分の減殺請求

長男が親の遺産を独り占めしようとした時に、あなたも遺産がもらえるようにする方法を紹介しました。

長男が親の遺産を独り占めしようとしたら、遺留分の減殺請求をしましょう。

遺留分の減殺請求ができるのは遺留分を侵害されていることを知ってから1年以内、相続開始から10年以内にしかできないと決まっています。

遺留分の減殺請求はできれば相続開始から1年以内にしましょう。

まず「遺留分減殺請求通知書」を内容証明郵便で送ります。

通知書を送っても長男が応じてくれるとは限らないので、その場合は協議交渉、調停、裁判などの方法で請求する必要があります。

あらかじめ弁護士などの専門家をつけておくことをオススメします。

専門家に依頼する3つのメリット

  1. 長男を応じさせることができる
  2. 遺産分割協議での交渉を有利に運べる
  3. 遺産分割協議書の作成の相談もできる

長男に遺産を独り占めさせそうになったら遺留分減殺請求をして、弁護士などの専門家をつけて、あなたも遺産をもらえるようにしましょう。

5.日本法規情報「相続サポート」プログラム

長男が親の遺産を独り占めすることの他、相続周りの問題はたくさんあります。

相続周りの問題に直面したら1人で抱え込まず、すぐに専門家に相談しましょう。

相続周りの問題に直面した時の強力な味方として、終活カウンセラーである私がオススメする、日本法規情報の「相続サポート」プログラムを紹介します。

日本全国約1,000事務所、3,000人以上の専門家から、法律に関する様々なトラブル相談窓口を無料で紹介してもらえます。

相続周りの問題で悩んでいる方は日本法規情報「相続サポート」プログラムを利用しましょう。

日本法規情「相続サポート」プログラムの3つのポイント

  1. ご希望にあった場所や時間を指定できる
  2. 土日の相談にも対応
  3. 相談だけでも可

細かい要望に対応してくれて、相談のみでもOKなので、相続周りの問題は安心して頼ることができます。