iDeCoと企業型確定拠出年金を併用するメリットや注意点を解説!

ideco 企業型 併用

老後に向けた資産づくりを後押ししてくれる制度、確定拠出年金。

確定拠出年金に加入することで、所得税や住民税の節税になったり運用期間中の運用益が非課税になったりするといったメリットがあります。

この確定拠出年金には2つの種類があります。

所属する企業が掛け金を拠出する「企業型確定拠出年金」と、自分で掛け金を拠出する「個人型確定拠出年金(iDeCo)」です。

個人型確定拠出年金は「iDeCo(イデコ)」という愛称で呼ばれています。加入するかどうかは個人の自由です。

一方、「企業型確定拠出年金」に関しては、勤め先の会社が企業型確定拠出年金を導入している場合、原則として企業型確定拠出年金に加入することになります。

2017年1月の法改正以前は、企業型確定拠出年金などの企業年金制度に加入している方はiDeCoに加入することはできませんでした。

しかし現在は、企業年金制度に加入している方でもiDeCoに加入することが可能となっています。

この記事では、

併用の条件は何?

併用のメリットは何?

併用の注意点は何?

といった疑問をお持ちの方に向けて、iDeCoと企業型確定拠出年金を併用できる条件・メリット・注意点などを解説していきます。

iDeCoとの併用を検討している方のお役に立つことができれば幸いです。

1.法改正により加入者拡大!併用の条件は?

法改正によりiDeCoの加入資格が拡大されています。

ここでは、iDeCoの加入資格拡大に関して、企業型との併用に関係する事項を紹介していきます。

1-1.2017年1月の法改正で企業年金加入者もiDeCoに加入可能に!

2017年1月の法改正でiDeCoの加入資格は大幅に拡大されました。

それまではiDeCoに加入できるのは自営業者などに限られていましたが、法改正によって公務員や専業主婦、会社員なども加入できるようになりました。

ただし、企業型確定拠出年金に加入している会社員に関しては注意が必要です

勤め先の企業型確定拠出年金の規約でiDeCoとの併用が認められていない場合はiDeCoに加入することができません。

1-2.2022年10月から企業型DCの規約によらず加入可能に!ただし…

勤め先の企業型確定拠出年金の規約によってはiDeCoに加入することができませんでしたが、法改正により2022年10月からは規約によらず加入が可能になります。

2022年10月からは、企業型DCの加入者は規約の定めや事業主掛金の上限の引き下げがなくても、iDeCoに原則加入できるようになります
ただし、企業型DCの事業主掛金とiDeCoの掛金、これらの合計額がそれぞれ以下の表のとおりであることが必要です。
また、企業型DCにおいて加入者掛金を拠出(マッチング拠出)している場合などには、iDeCoには加入できません。
引用:厚生労働省

しかし、上記にあるようにマッチング拠出をしている場合はiDeCoに加入することはできません

企業型確定拠出年金は会社が掛け金を積み立てるのですが、加入者本人がそれに上乗せする形で掛け金を拠出できるというしくみをマッチング拠出と言います。

ここで、マッチング拠出をするべきか、iDeCoと併用するべきか、どちらが良いのかという疑問が浮かび上がってきます。

次の章では、iDeCoとの併用とマッチング拠出のどちらが良いのかを解説します。

2.iDeCoとの併用とマッチング拠出どちらが良いのか

2022年10月から勤め先の企業型確定拠出年金の規約によらずiDeCoに加入することができるようになりますが、マッチング拠出をしている場合はiDeCoに加入することができません

ここでは、iDeCoとの併用とマッチング拠出を比較して、それぞれのメリットを解説していきます。

2-1.iDeCoとの併用のメリット

iDeCoと併用するメリットは「自由に投資する商品を選べること」です。

企業型確定拠出年金の場合、あらかじめ用意された商品ラインナップの中から投資する商品を選択することになります。

ラインナップの中に投資したい商品や良い商品がある場合は問題ないのですが、必ずしもそうとは限りません。

また、運営管理機関(金融機関)に関しても加入者側は選ぶ余地がありません。

一方で、iDeCoの場合は投資する商品や運営管理機関などを自分で選ぶことが可能です。

「企業型のラインナップに納得がいかない」「投資する商品や運営管理機関を自分で自由に選びたい」という方は、iDeCoと併用してiDeCoの方で納得のいく投資を目指すと良いでしょう。

2-2.マッチング拠出のメリット

マッチング拠出のメリットは「口座の管理が楽」ということです。

iDeCoと併用する場合、管理しなければいけない口座が増えるので負担が大きくなります。管理手数料も増えてしまいます。

一方、マッチング拠出は企業が拠出する掛け金に上乗せして加入者本人が拠出するだけで、口座は1つにまとめられるので管理が楽です。

ただし、拠出できる金額は会社が拠出する金額と合わせて月額5.5万円を超えることはできない(企業年金を併用している場合は月額2.75万円)会社が拠出する掛け金額を超えることはできない、といった制限があるので注意が必要です。

マッチング拠出の金額には上限が設けられています。会社の掛金との合計で拠出限度額である月額55,000円を超えることはできません(企業年金を併用している場合は月額27,500円)。また、企業年金は主たる拠出者は会社であるという考えにもとづき、会社の掛金を加入者本人の掛金が上回ることもできません。
引用:労働金庫連合会

2-3.自由をとるならiDeCoで楽さをとるならマッチング拠出

iDeCoとの併用とマッチング拠出、それぞれのメリットを紹介しました。

iDeCoは、投資する商品や運営管理機関などを自由に選ぶことができるというメリットがあります。

ところが、口座が増えることによって管理の負担が増えるという側面もあります。

マッチング拠出の場合、iDeCoのように自由に商品や運営管理機関を選ぶことはできませんが、口座の数は変わらないので管理が楽というメリットがあります。

まとめると、自由をとるならiDeCoとの併用楽さをとるならマッチング拠出を選ぶと良いでしょう。

3.iDeCoと併用するときの注意点

ここでは、iDeCoと企業型を併用するときの注意点を解説します。

3-1.管理の手間が増える

マッチング拠出との比較で解説したように「管理の手間が増える」ということに注意しなければいけません。

iDeCoでは企業型と違って自分で自由に投資する商品や運営管理機関を選ぶことができますが、その分、勉強しなければいけないことも増えますし、口座の管理手数料も別々にかかります。

こうしたコストも考慮した上で、自由に選択したいという人はiDeCoと併用しても良いでしょう。

3-2.企業型確定拠出年金との併用する場合の掛け金の上限

掛け金の上限についても注意が必要です。

iDeCoと併用することで拠出額を大幅に増やすことができるようなイメージがあるかもしれませんが、節税効果が大きくなり過ぎないように拠出額に制限が設けられています

次の2点に注意しましょう。

  1. iDeCoで拠出できるのは月額2万円まで
  2. 企業型と合わせて月額5.5万円まで(確定給付企業年金を併用している場合は月額2.75万円まで)

例えば、企業型確定拠出年金で会社が4万円拠出している場合は、iDeCoでは1.5万円までしか拠出できません。

4.企業型確定拠出年金のラインナップの不満を解消するならiDeCoと併用

iDeCoと企業型確定拠出年金を併用するメリットや注意点を解説してきました。

ここまで解説してきたことを踏まえると、iDeCoとの併用をオススメできるのはどのような人かというと、

企業型の商品ラインナップに不満を感じていて自分で選びたい

という人です。

併用したことによって掛け金の上限が上がるということはないため、ただ拠出額を増やしたいだけならマッチング拠出の方が楽でしょう。

iDeCoとの併用とマッチング拠出、それぞれの違いを理解した上で合理的な選択をしたいですね。

こちらの記事では、iDeCoとの併用を選択しようと考えている方に向けてiDeCoの始め方を解説しています。ぜひ合わせてご覧ください。



iDeCoの始め方!加入資格や始める前に考えるべきことを解説