専業主婦(夫)がiDeCoに加入するメリットやお得に活用する方法

ideco 専業主婦

iDeCoは老後のお金を準備するためにとてもお得な制度です。

2017年1月の法改正により、第3号被保険者の方、つまり専業主婦(夫)の方もiDeCoに加入できるようになりました。

労働の多様化が進む中、生涯にわたって継続的に老後に向けた自助努力を可能とするため、iDeCoについて、第3号被保険者や企業年金加入者(※)、公務員等共済加入者を加入可能とする。
※企業型確定拠出年金加入者については、規約に定めた場合に限る。
引用:厚生労働省

今この記事を見ている専業主婦(夫)の方は、

老後資金の準備をしなければいけない

老後資金の準備にiDeCoを活用できないだろうか

といったことを考えているのではないでしょうか?

この記事では、専業主婦(夫)の方に向けて、専業主婦(夫)がiDeCoに加入するメリットや、専業主婦(夫)がお得にiDeCoを活用する方法などを解説していきます。

老後に向けて頑張っている専業主婦(夫)のお役に立つことができれば幸いです。

1.専業主婦(夫)でもiDeCoに加入するメリットはあるのか

iDeCoの大きなメリットの1つとして「所得税や住民税が控除される」ということが挙げられます。

しかし、専業主婦(夫)は所得がないため、このメリットを享受できません

では、専業主婦(夫)はiDeCoに加入しても意味がないのでしょうか?

そんなことはありません。

専業主婦(夫)でも得られるメリットはあります。

どんなメリットがあるのか解説します。

1-1.運用益が非課税

iDeCoは運用中の運用益が非課税というメリットがあります。

もしも非課税でなければ、運用によって得た利益のおよそ20%が課税されてしまいます。

例えば、仮に100万円の利益が出ていたとしたら、およそ20万円の課税です。

かなり大きな額です。

老後に向けて資産運用するなら運用益が非課税になる制度を活用した方がお得ですね。

ちなみに、運用益が非課税になる制度としてiDeCoの他に、つみたてNISAというものもあります。

これらを比較してみましょう。

つみたてNISA iDeCo
いつでも引き出せる 60歳まで引き出せない
年40万円まで 月2.3万円まで(専業主婦の場合)
口座の開設・維持などの手数料なし 口座の開設・維持などの手数料あり

特に大きな差としては、いつでも引き出せるか、60歳まで引き出せないか、という点です。

後ほどまた触れますが、この違いを利用して両者を上手に使い分けると良いでしょう。

1-2.受け取る時に控除が使える

受け取る時に税金の控除が使えるのも専業主婦がiDeCoに加入するメリットの1つです。

年金として受け取る場合は「公的年金等控除」、一時金としてまとめて受け取る場合は「退職所得控除」が適用されます。

専業主婦の場合、退職金がない分、一時金として受け取った方が、全く税金がかからない可能性が高いです。

1-3.60歳まで引き出せない

60歳まで引き出せないこともメリットになります。

しばしばデメリットとして紹介されることもありますが、長期での積み立てを考えるなら、この制度は非常に良いでしょう。

ほんの出来心で貯金する予定のお金を浪費してしまう」ということを防げます。

ただし、人生何が起きるか分かりませんから、急にお金が必要になることもあるでしょう。

そういう意味で、老後のためのお金を全てiDeCoに突っ込むのは非常に危険です。

もっとも、専業主婦(夫)の場合、拠出できる金額は毎月2.3万円までと上限が設定されています。

いつでも引き出すことのできる、つみたてNISAという制度もあるので、両者を上手に活用しましょう。

1-4.どうせ老後資金貯める必要があるならiDeCo加入もアリ

専業主婦(夫)がiDeCoに加入するメリットを解説しました。

「所得税や住民税の控除」というメリットは得られませんが、「運用益が非課税」「受け取る時の控除」「60歳まで引き出せない」といったメリットを得ることができます。

iDeCoに加入してもしなくても、老後に向けた資産形成は必要になってくるでしょう。

それならば、メリットのあるiDeCoに加入するのもアリなのではないでしょうか?

MEMO
  • 運用益が非課税
  • 受け取る時にも控除あり
  • 60歳まで引き出せない

2.専業主婦(夫)がiDeCoをお得に活用する方法

専業主婦(夫)でもiDeCoに加入するメリットがあるということを解説してきましたが、ここからは、専業主婦(夫)がお得にiDeCoを活用する方法を紹介していきます。

2-1.毎月の掛け金は1万円以上に設定する

iDeCoに加入するなら、毎月の掛け金を1万円以上に設定することをオススメします。

なぜなら、掛け金が小さすぎると積み立てる金額に対する手数料の比率が上がってしまい、利益を出すには高い利回りで運用しなければいけないからです。

iDeCoの手数料は少なくとも毎月171円かかります。年間にして2,052円です。

iDeCoは最低でも月に5,000円を拠出しなければいけないことになっていますが、月に5,000円の拠出だと、年3.4%以上の利回りで運用しなければ、赤字になってしまいます。いわゆる「手数料負け」というものです。

もし、月1万円拠出すれば、年1.7%以上の利回りで運用できれば赤字になりません。

このように、拠出額をなるべく大きく設定すれば、手数料負けする可能性を下げることができます。

そのため、月1万円以上の拠出をオススメします。

月1万円以上の拠出ができないのであれば、かえって損をする可能性があるので無理をしてiDeCoに加入する必要はないでしょう。

2-2.期待リターンの高い商品を割り当てる

専業主婦(夫)がiDeCoに加入する1番のメリットは「運用益が非課税」ということです。

この「運用益が非課税」というメリットを最大限に活かすためには、期待リターンの高い商品を割り当てることをオススメします。

定期預金や貯蓄型の保険商品など元本確保型の商品を割り当てるのは、「運用益が非課税」のメリットを活かすという観点ではもったいないです。

もっとも、「リスクを取らない」という考え方も一つですので、そのような考えを持っている方は元本確保型の商品を割り当てても良いでしょう。

「多少のリスクは取っても良い」という方で「運用益が非課税」というメリットを最大限活かしたい方は、期待リターンの高い商品を割り当てましょう。

MEMO
  • 拠出額はできるだけ大きく
  • 期待リターンの高い商品を割り当てる

3.退職して専業主婦(夫)になる人は自動移換されないように注意

企業型確定拠出年金のある会社を退職して専業主婦(夫)になる場合は注意が必要です。

3-1.移換手続きを忘れると損をする

企業型確定拠出年金のある会社を退職する場合、元の会社が、企業型確定拠出年金の資格喪失の手続きまでは行ってくれます。

それゆえに忘れてしまいがちなのですが、その後の移換手続きは自分で行わなければいけません

資格喪失から6か月以内に手続きをしないと「自動移換」されてしまい、とても損なことになります。

企業型確定拠出年金に加入していた方が、転職・退職等により、加入者の資格を喪失した場合、6ヵ月以内に、個人別管理資産を個人型確定拠出年金(iDeCo)又は他の企業型確定拠出年金に移換、若しくは脱退一時金の要件を満たす場合に請求の手続きを行わなかった場合、その資産は、国民年金基金連合会に自動移換されます。
引用:iDeCo公式サイト

3-1-1.資産の運用が一切できなくなる

自動移換されると、これまで積み立ててきた資産が全て現金化されて、運用が全くできなくなってしまいます。

現金を引き出すことすらできません。

3-1-2.手数料だけは取られる

運用はできないにも関わらず、手数料は取られます。

現金を引き出すことができないのに、じわりじわりと手数料を取られ続けます。

3-1-3.老齢給付金の受給開始が遅れる可能性がある

自動移換されている間は老齢給付金を受け取るための加入者期間に算入されないため、受給開始の時期が遅くなってしまう可能性があります。

3-2.移換手続きをしよう

このように、移換手続きを忘れて自動移換されてしまうと、まるで引き出すことのできない金庫の中に現金を封印されてしまうような事態になってしまいます。

自動移換されて困った事態になることを防ぐためにも、企業型確定拠出年金の資産をiDeCoに移し換えるための移換手続きをしましょう。

あるいは、退職から6か月以内にiDeCoに加入することで、移換手続きをしなくても自動移換されない仕組みになっているようです。

自動移換者を減少させる取り組みとして、企業型確定拠出年金の資格喪失後6ヶ月以内に新たにiDeCoの加入者になったことが確認できた方や、自動移換の状態で新たにiDeCoの加入者になったことが確認できた方は、移換の申し出をすることなく、企業型確定拠出年金や特定運営管理機関からiDeCoへの移換処理が行われるようになりました。
引用:iDeCo公式サイト

松井証券【iDeCo 口座開設申込】

4.専業主婦(夫)でもiDeCoを活用できる

専業主婦(夫)のiDeCoについて解説しました。

専業主婦(夫)がiDeCoに加入するメリットは「運用益が非課税」「受け取る時の控除」「60歳まで引き出せない」という3点でした。

また、専業主婦(夫)がiDeCoを上手に活用する方法は、「月1万円以上拠出する」「期待リターンの高い商品を割り当てる」という2点でした。

専業主婦(夫)がiDeCoに加入する3つのメリット
  1. 運用益が非課税
  2. 受け取り時に控除される
  3. 60歳まで引き出せない
専業主婦(夫)がiDeCoを上手に活用する方法
  1. 月1万円以上拠出する
  2. 期待リターンの高い商品を割り当てる

この記事を読んだあなたが

iDeCoを上手に活用しよう

自動移換されないように気をつけよう

という気持ちになっていただけたのでしたら幸いです。
松井証券【iDeCo 口座開設申込】