ふるさと納税のお得な7つのメリットについて解説!節税にもなる

ふるさと納税

ふるさと納税ってお得なの?

「ふるさと納税がお得だ」という話を聞いたことがある方は多いと思います。

「お得ならふるさと納税してみようかな」
「ふるさと納税って本当にお得なの?」

と思っている方に向けて、具体的にどうお得なのか、ふるさと納税のメリットを解説します。

ふるさと納税について気になっている方の役に立てば幸いです。

1.ふるさと納税にはメリットがたくさん

ふるさと納税は自分の故郷や応援したい自治体に寄付をすることができる制度です。

ふるさと納税には7つのメリットがあります。

その7つのメリットとは次のようなものです。

ふるさと納税の7つのメリット
  1. 好きな自治体を応援することができる
  2. 複数の自治体に寄付することができる
  3. 特産品をもらうことができる
  4. 寄付金の用途を選択することができる
  5. 所得税や住民税が控除される
  6. 授業料や保育料が安くなることがある
  7. クレジットカードを使うことができる

それぞれについて解説していきます。

2.好きな自治体を応援することができる

ふるさと納税は、好きな自治体を応援することができます。

自分の故郷や、過去にお世話になった場所、災害の被災地など、どの自治体に寄付するのかを自分で選択することができるのです。

忙しい貴方のためのふるさと納税【ふるサポーターズ】

3.複数の自治体に寄付することができる

ふるさと納税は、一つの自治体だけでなく、複数の自治体に寄付することもできます。

寄付する自治体数に制限はありません。

4.特産品をもらうことができる

ふるさと納税することで、自治体から返礼品として特産品をもらうこともできます。

肉や野菜、お酒やイベントチケットなどがあります。

寄付する自治体は自由に選べるので、特産品から選択するのも良いかもしれません。

忙しい貴方のためのふるさと納税【ふるサポーターズ】

5.寄付金の用途を選択することができる

寄付金の用途を選択することができるのも、ふるさと納税のメリットです。

例えば、文化財の保護、医療福祉、子育て支援、環境保全、など様々な項目の中から、寄付したお金をどの用途に使って欲しいか指定することができます。

自分の寄付したお金の使い道を指定できるので、寄付のしがいがあります。

6.所得税や住民税が控除される

所得税や住民税が控除されるのは、ふるさと納税の大きなメリットの一つです。

ふるさと納税をした金額から自己負担額の2,000円を差し引いた額が、所得税および住民税のから控除されます。

「納税」という言葉がついているふるさと納税。
実際には、都道府県、市区町村への「寄附」です。
一般的に自治体に寄附をした場合には、確定申告を行うことで、その寄附金額の一部が所得税及び住民税から控除されます。ですが、ふるさと納税では原則として自己負担額の2,000円を除いた全額が控除の対象となります。

引用:総務省

参考

ただし、控除される金額は収入や家族構成等に応じて一定の上限があります。

例えば、ふるさと納税を行う本人の給与年収が600万円で、家族構成が共働きも子供2人(大学生と高校生)である場合は、控除される上限額は57,000円です。

詳しくは総務省のホームページをご参照ください。

なお、注意しなければいけないのは、控除を受けるためにふるさと納税を行った翌年に確定申告を行わなければいけません。

次のような方は、「ふるさと納税ワンストップ特例制度」という制度を使うことで確定申告をしなくても控除を受けることができます。

確定申告しなくても控除を受けられる人
  • ふるさと納税以外で確定申告をする必要がない
  • 寄付した自治体が5団体以内

ふるさと納税ワンストップ特例制度を使うためには各ふるさと納税先の自治体に特例の適用に関する申請書を提出しなければいけません。

忙しい貴方のためのふるさと納税【ふるサポーターズ】

7.授業料や保育料が安くなることがある

ふるさと納税のおかげで授業料や保育料が安くなることもあります。

なぜなら、保育料や高校の授業料は住民税の金額を基準に定められていることがあるからです。

ふるさと納税で住民税が安くなったことで、さらに保育料や高校の授業料まで安くなったらかなりお得と言えます。

8.クレジットカードを使うことができる

ふるさと納税にはクレジットカードを使うこともできます。

カード会社によっては、ふるさと納税サイトと連携しているところもあるのでお得です。

9.ふるさと納税のメリットまとめ

ふるさと納税には7つのメリットがあることを解説しました。

ふるさと納税をするメリットは次のようなことです。

ふるさと納税の7つのメリット
  1. 好きな自治体を応援することができる
  2. 複数の自治体に寄付することができる
  3. 特産品をもらうことができる
  4. 寄付金の用途を選択することができる
  5. 所得税や住民税が控除される
  6. 授業料や保育料が安くなることがある
  7. クレジットカードを使うことができる

このように様々なメリットがあります。

様々なメリットがある一方で、控除額には収入や家族構成によって上限が定められているので注意が必要です。

控除額の上限に注意して、好きな自治体を応援して、ふるさと納税のメリットを存分に享受しましょう。

忙しい貴方のためのふるさと納税【ふるサポーターズ】