自筆証書遺言の要件を解説!せっかく作った遺言を無効にしないために

自筆証書遺言を作成するときに注意するべきことは?

遺言書にもいくつか種類があり自筆証書遺言はその一つです。

文字通り自筆で作成された遺言書のことです。

遺言書は法的効力を持つものですが、規定に従って書かれていなければ効力を持ちません

そして自筆証書遺言も例外ではありません。

この記事では、自筆証書遺言を作成するときに満たすべき要件について解説していきます。

これから自筆証書遺言を作成しようとしている方のお役に立てれば幸いです。

1.自筆証書遺言の要件

それでは、自筆証書遺言の要件を解説していきます。

1-1.全て自筆すること

自筆証書遺言は、全文自筆でなければいけません。

他の方に代筆してもらったものは無効です。

また、パソコンで入力したものや音声、ビデオによるものは自筆証書遺言として認められません。

さらに、自筆したものであっても、それをコピーしたものは無効です。

自筆証書遺言を作成する場合はボールペンや万年筆で全文自筆してください。

ご自身で手書きすることが難しいという方は自筆証書遺言ではなく公正証書遺言を作成した方が良いでしょう。

MEMO
  • 全文自筆でなければいけない

1-2.作成した日付を明記すること

作成した日付が明記されてなければいけません。

日付は年月日を正しく記載してください。

年は西暦でも元号でも構いませんが、日付に吉日と書くのは無効になるので注意しましょう。

なお、日付も自筆でなければいけません。

MEMO
  • 作成した日付を明記しなければいけない

1-3.押印があること

押印があることが必要です。

印は実印ではなくても構いません。

認印でも自筆証書遺言として認められます。

ただし偽造されるのを防ぐためにできるだけ実印を用いた方が良いでしょう。

MEMO
  • 押印があること

1-4.所定の方式で訂正されていること(訂正がある場合)

全文手書きなので、書き損じることもあるでしょう。

そのような場合、所定の方式で訂正をすれば、新しい紙に最初から書き直す必要はありません。

所定の方式での訂正はどのようなものか解説します。

まず訂正をした箇所に指示して、変更をしたという旨を付記します。

そして署名をして印を押します。

第九百六十八条 自筆証書によって遺言をするには、遺言者が、その全文、日付及び氏名を自書し、これに印を押さなければならない。
2 自筆証書中の加除その他の変更は、遺言者が、その場所を指示し、これを変更した旨を付記して特にこれに署名し、かつ、その変更の場所に印を押さなければ、その効力を生じない。

引用:民法第九百六十八条

MEMO
  • 所定の方式で訂正する

2.自筆証書遺言のメリットとデメリット

ここまで自筆証書遺言の要件について解説してきました。

ここから自筆証書遺言のメリットとデメリットについて解説していきます。

2-1.自筆証書遺言のメリット

自筆証書遺言の他に、公正証書遺言や秘密証書遺言がありますが、いずれも費用がかかります。

自筆証書遺言の場合は費用がかかりません。

また、他人に遺言の内容を秘密にしておけるというメリットもあります。

自筆証書遺言のメリット
  • 費用がかからない
  • 他人に秘密にしておける

2-2.自筆証書遺言のデメリット

自筆証書遺言のデメリットは、相続人に遺言の存在や所在を知られない恐れがあることです。

また、紛失・盗難・改ざん等の恐れもあります。

ただし、2020年7月からは法務局で保管してもらうことができるようになるので、これを利用すればこの心配はありません。

3.まとめ

自筆証書遺言について解説しました。

せっかく作成した自筆証書遺言が無効となってしまわないように、きちんと要件を守ってください。

また、2020年7月から法務局で自筆証書遺言を保管する制度が始まるので、そういった制度の利用も考えてみてください。