両親の認知症介護に疲れてストレスで限界という方へ解決法をご紹介

認知症の親の介護に疲れました

認知症の介護を行う家族は、肉体だけではなく精神的にも多くのストレスを強いられることになります。

特に認知症になったのが自分を生み育ててくれた両親であるならば、よりそのストレスも顕著なものでしょう。

認知症の両親を介護している人の中には、介護に疲れてしまい自分が潰れてしまう人も珍しくありません。

今この記事を見ているあなたも、介護に疲れて途方に暮れている中の一人かもしれませんね。

この記事では、認知症の両親の介護において感じるストレスを少しでも緩和するためのいくつかの方法について紹介します。

少しでも苦しんでいるあなたのお役に立てれば光栄です。

1.親が認知症と診断された場合の感情の変化について

介護におけるストレスを緩和するにあたり、「自分の両親が認知症と診断された時、人はどう思うのか」について知っておくことは有効です。

認知症の両親の介護に過度にストレスを感じる人は総じて真面目すぎる傾向にあり「自分だけがおかしい」と思ってしまいがちです。

しかしそれが全員に共通しているということを理解していれば「これはみんなが通る道だったんだ」と少し冷静になることができます。

1-1.戸惑い

自分を育ててくれた親が認知症になり、これまで当たり前にできていたことができなくなると、誰であっても戸惑いを覚えます。

すでにこれまでの症状から見て「認知症だろうな」とうすうす覚悟はしていたものの、実際に医師から「認知症です」と診断されると、どうしていいか分からなくなるのです。

中にはその診断を受け入れることができず「そんなはずはない」と否定してしまう人も珍しくありません。

ですから、自分の親が認知症と診断された時に、すんなり受け入れられない人が多いということは知っておくと少し気持ちが楽になるでしょう。

1-2.憤りや怒りを感じる

戸惑いや否定は長続きしません。

認知症と診断されたのは事実であり、症状は刻一刻と進行していくからです。

否定しきれないほど症状が進行すると「なぜ自分がこのような目に合わなければいけないのか?」という怒りのステップへと進みます。

認知症になったのは誰のせいでもないということがわかっているので、それを受け入れられない自分へと怒りを覚えるのです。

1-3.諦め

怒っても何も変わらない、ということに気がつくと、ほとんどの人は諦めて、割り切ることができるようになります。

こうなると初めて、将来について冷静に考え始めることができるようになるのです。

ただしこの諦めは次のステップ「受け入れる」と比べるとポジティブなものではなく、どうしようもなく投げやりな感情が支配してしまうことも多いのが特徴です。

1-4.受け入れる

諦めることができるようになると、最後のステップとして、認知症であることを受け入れられる段階へと進みます。

認知症になってしまった事実とその症状、さらにその家族を介護しなければいけない自分の立場についても受け入れられるようになるのです。

この段階になるとさらに将来のことも冷静に考えられるようになり「そのために今何ができるのか」について前向きに考えることができるようになります。

親が認知症と診断されたときの感情の変化
  1. 戸惑い
  2. 憤りや怒り
  3. 諦める
  4. 受け入れる

これが両親が認知症と診断されてから受け入れられるようになるまでに全ての人が通るステップです。

受け入れる段階になるまでには個人差がある上、受け入れたからと言って全て解決するわけではありません。

そして一度受け入れたとしても、何かのきっかけで、諦めのステップや、怒りや憤りの段階に戻ってしまうことも珍しくありません。

しかし、診断されてから受け入れるまでの時ほど時間がかかる訳ではなく、初めての時よりも短い時間で受け入れるというステップに進むことができるようになるのが特徴です。

ですから、「一度認知症であるという事実を受け入れたはずなのに、また戻っている」と自分を責める必要は全くありません。

認知症の介護は長い戦いですから、一時的な感情に一喜一憂せず、長い視点で物事を見る必要があります。

それでは次の段階として、「介護にストレスを感じてしまった場合に具体的に何ができるか?どうしたらいいのか?」ということについて考えていきましょう。

2.認知症の両親の介護にストレスを感じた時に考えるべきこと

認知症の両親の介護は誰にとってもストレスであり辛いものです。

しかしそのストレスに押し潰されそうになってしまう人の特徴として「責任感が強くて真面目すぎる」「几帳面で完璧主義」ということが挙げられるでしょう。

もちろん一生懸命介護してあげることは素晴らしいことですが、時には自分の気持ちを楽にしてあげる必要があるでしょう。

2-1.いつも頑張らないこと

介護する両親のために、「24時間365日、自分ができる100%の力で介護してあげよう!」と頑張ってしまう人も少なくありませんが、それは現実的ではありません。

冷静に考えれば無理だということはわかるのですが、両親を目の前にするとついつい頑張ろうとしてしまうのです。

私たちはスーパーマンではないのですから、四六時中頑張ることは不可能です。

またさらに悪いことに、いつも頑張れない自分に対して「ダメなヤツだ」と自己嫌悪に陥ってしまうこともあるようです。

「自分が頑張らなくてはいけない」という環境にあればある人ほど、いつも頑張ってはいけないのです。

緩く長く続けられるよう、肩の力を抜きましょう。

2-2.一人で抱え込まないこと

介護で疲れてしまう人の多くは、誰にも相談することができずに一人で抱え込んで潰れてしまっています。

「他の人に任せるのが不安」とか「自分の家族のことなのに他の人に任せては申し訳ない」と思うことは自然なことですが、認知症の介護は長い戦いです。

ずっと一人で抱え込んでしまっては、絶対に途中で力尽きてしまいます。

認知症の介護において「いつも頑張らないこと」と「一人で抱え込まないこと」は同じくらい大切なことです。

世の中には認知症の家族を介護している人はたくさんいます。

そこで認知症の家族を介護しているコミュニティーなどに積極的に参加し、息抜きを上手にするようにしましょう。

ケースワーカーさんに相談したり、弱音を吐いたりするのも良いでしょう。

「弱音を吐くなんて自分の両親に悪い」と思うかもしれませんが、弱音を吐くのはごくごく当たり前のことです。

話を聞いてもらったり、雑談をするだけでもリフレッシュすることができるでしょう。

2-3.比較しないこと

人間というのは比較してしまう生き物です。

「認知症を介護している自分の状況を肯定したい」と思うがあまり、他人と比べてしまうこともあることもでしょう。

しかし、人を取り巻く環境は全てにおいて異なります。

ですから一見似たような境遇にあるからと言って、その人が全く同じという訳ではないのです。

そんな中で比較したところで、あまり意味がないのです。

比較をして「あの人も頑張っているのだから私も」と前向きになれるうちはまだ良いのですが、真面目で責任感が強い人の場合はどうしても「あの人は私より頑張っている」と自分自身を貶めてしまう傾向にあるのです。

比較しても状況は何も変わらない訳ですから、できるだけ比較はしない方がいいです。

2-4.必ず終わりがあると理解すること

全ての出来事には終わりがあり、永遠に続くことはありません。

永遠に認知症の介護が続くと思うと力尽きてしまいそうになるかもしれませんが、認知症の介護の対象が両親であれば、必ず終わりが訪れるのです。

死別は辛いことですが、私たちも生き物である以上避けて通ることはできません。

人はゴールが見えていれば、辛いことも乗り越えられるという性質を持っています。

ですから、両親の認知症の介護も必ず終わりがあると思えば少し気が楽になることでしょう。

3.まとめ

認知症の両親の介護において感じるストレスを少しでも緩和するための方法をご紹介しました。

認知症介護は本当に大変ですが、上手にマインドコントロールしたり時には周りにも頼ったりしながら、ストレスに対処しましょう。

親の認知症介護に疲れている方の苦悩が少しでも緩和されれば幸いです。