相続放棄しようと考えている方へ相続放棄5つのデメリットを解説

相続放棄しようと思っています

「めんどうな遺産分割協議に関わりたくない」

「親に借金があるから相続したくない」

といった理由で相続放棄をしようとしていませんか?

確かに遺産分割協議はめんどうで争いごと(いわゆる争族)になることもあります。

また、親に借金があった場合それを継承するのは避けたいものです。

相続放棄をすればそういったことは解決されます。

しかし、相続放棄にはデメリットもあります

相続放棄のデメリットを知らないと

相続放棄のデメリットを知らずに相続放棄した結果、落とし穴にハマった

ということが起きる可能性があります。

この記事では、相続放棄のデメリットについて解説します。

相続放棄しようと考えている方のお役に立てれば幸いです。

1.相続放棄の5つのデメリット

相続放棄にはどのようなデメリットがあるのか解説していきます。

1-1.相続順位が変わり次順位だった人が相続人になる

あなたが相続放棄をすると、相続権があなたの次の相続順位の人に移ります。

例えば、被相続人の妻子全員が借金を理由に相続放棄をすると、次の相続順位である被相続人の親に相続権が移ります。

被相続人の親が借金のことを知らずに相続すると、被相続人の借金を被相続人の親が抱えることになります。

ここで、被相続人の両親が既に亡くなっている、または相続放棄をした場合、被相続人の兄弟姉妹に相続権が移ります。

同様に、被相続人の兄弟姉妹が借金のことを知らずに相続してしまうと、被相続人の兄弟姉妹が借金を抱えることになってしまいます。

このように、相続放棄をすると次の相続順位の人に相続権が移るので、借金が理由で相続放棄をすると、相続人の間でトラブルになる可能性があります。

注意
  • 相続放棄すると次の順位の人に相続権が移ることがある
  • 債務が他の人に移りトラブルに発展する可能性も

1-2.遺産を一切継ぐことができない

相続放棄をすると、被相続人の遺産を一切継ぐことができません。

故人の残した遺品や形見を所有したくても、それが金銭的価値のあるようなものである場合、相続放棄をすると所有できなくなります。

また、被相続人の所有していた家に住んでいる場合、相続放棄すると家を相続できないので家に住むことができなくなります。

注意
  • 相続放棄すると遺産を一切受け取ることができなくなる
  • 家が遺産になる場合、家に住めなくなる

1-3.遺品整理をしていた場合、相続放棄が認められない

遺品整理をすると相続放棄ができなくなります。

なぜなら遺品整理をすると単純承認をしたとみなされるからです。

単純承認とはプラスの財産もマイナスの財産も全て相続するということです。

要するに「相続する」ということです。

一度単純承認したとみなされると、撤回できません。

第九百十九条 相続の承認及び放棄は、第九百十五条第一項の期間内でも、撤回することができない。

引用:民法第九百十九条

相続放棄しようと考えているならば、遺品の扱いも慎重にしなければいけません。

注意
  • 遺品整理すると相続放棄できない

1-4.死亡保険金や死亡退職金の非課税枠が使えない

死亡保険金は、契約者と被保険者が同一人物の場合、受取人が受け取る死亡保険金は受取人固有の財産となります。

そのため相続放棄しても死亡保険金を受け取ることは可能です。

しかし、受け取った死亡保険金は相続税の課税対象になります。

第三条 次の各号のいずれかに該当する場合においては、当該各号に掲げる者が、当該各号に掲げる財産を相続又は遺贈により取得したものとみなす。この場合において、その者が相続人(相続を放棄した者及び相続権を失つた者を含まない。第十五条、第十六条、第十九条の二第一項、第十九条の三第一項、第十九条の四第一項及び第六十三条の場合並びに「第十五条第二項に規定する相続人の数」という場合を除き、以下同じ。)であるときは当該財産を相続により取得したものとみなし、その者が相続人以外の者であるときは当該財産を遺贈により取得したものとみなす
一 被相続人の死亡により相続人その他の者が生命保険契約(保険業法(平成七年法律第百五号)第二条第三項(定義)に規定する生命保険会社と締結した保険契約(これに類する共済に係る契約を含む。以下同じ。)その他の政令で定める契約をいう。以下同じ。)の保険金(共済金を含む。以下同じ。)又は損害保険契約(同条第四項に規定する損害保険会社と締結した保険契約その他の政令で定める契約をいう。以下同じ。)の保険金(偶然な事故に基因する死亡に伴い支払われるものに限る。)を取得した場合においては、当該保険金受取人(共済金受取人を含む。以下同じ。)について、当該保険金(次号に掲げる給与及び第五号又は第六号に掲げる権利に該当するものを除く。)のうち被相続人が負担した保険料(共済掛金を含む。以下同じ。)の金額の当該契約に係る保険料で被相続人の死亡の時までに払い込まれたものの全額に対する割合に相当する部分

引用:相続税法第三条

ここで、死亡保険金や死亡退職金には「500万円×相続人の数」の非課税枠がありますが、相続放棄をすると死亡保険金や死亡退職金の非課税枠が適用されなくなってしまいます。

注意
  • 相続放棄しても死亡保険金や死亡退職金を受け取ることはできるが、非課税枠が適用されない

1-5.一度相続放棄したら撤回できない

相続放棄は一度すると撤回することができません。

これは単純承認と同じです。

後になって、相続したい遺産が出てきても、既に相続放棄をしていたら遺産を受け取ることはできません。

第九百十九条 相続の承認及び放棄は、第九百十五条第一項の期間内でも、撤回することができない。

引用:民法第九百十九条

注意
  • 相続放棄は撤回することができない

2.借金が理由なら限定承認という方法もある

相続放棄には5つのデメリットがあることをご紹介しました。

それでは、借金が理由で相続放棄したいと考えていた場合どうしたら良いのでしょうか。

相続放棄の他に限定承認という方法もあります。

限定承認は、相続で得た財産の限度内で負債を支払うという条件で相続することです。

第九百二十二条 相続人は、相続によって得た財産の限度においてのみ被相続人の債務及び遺贈を弁済すべきことを留保して、相続の承認をすることができる。
引用:民法第九百二十二条

ただし限定承認は相続人全員の承認がないと行うことができません。

第九百二十三条 相続人が数人あるときは、限定承認は、共同相続人の全員が共同してのみこれをすることができる。
引用:民法第九百二十三条

また、限定承認は手続きが非常に複雑というデメリットもあります。

限定承認をすれば解決するというわけではありませんが、借金が理由で相続放棄しようと考えている方は、限定承認の存在も頭に入れておきましょう。

貴方も抱えていませんか?借金のお悩み。解決の糸口はここにあります【杉山事務所】




3.相続放棄の方法

これまで紹介したデメリットを踏まえた上で、それでも相続放棄をする方に向けて相続放棄の方法を解説します。

3-1.相続放棄のスケジュール

相続放棄をする場合、相続が発生したことを知った日から3か月以内に、被相続人の住所地を管轄する家庭裁判所に申述書を提出する必要があります。

3か月の期限内であれば、申し立てをすることで期限を延長することも可能です。

第九百十五条 相続人は、自己のために相続の開始があったことを知った時から三箇月以内に、相続について、単純若しくは限定の承認又は放棄をしなければならない。ただし、この期間は、利害関係人又は検察官の請求によって、家庭裁判所において伸長することができる。
引用:民法第九百十五条

3-2.相続放棄に必要な書類

相続放棄に必要な書類は、次のようなものです。

相続放棄に必要な書類
  • 相続放棄申述書
  • 申述人の戸籍謄本
  • 被相続人の戸籍謄本、住民票の除票
参考

3-3.相続放棄にかかる費用

相続放棄にかかる費用は、申述人1人につき収入印紙800円分と切手代です。

参考

4.相続放棄のデメリットまとめ

相続放棄をすれば、めんどうな遺産分割にかかわる必要もなく、親に借金があった場合それを自分が抱える必要もありません。

しかし、相続放棄には次のようなデメリットがあることをご紹介しました。

相続放棄の5つのデメリット
  1. 相続順位が変わり次順位だった人が相続人になる
  2. 遺産を一切継ぐことができない
  3. 遺品整理をしていた場合、相続放棄が認められない
  4. 死亡保険金や死亡退職金の非課税枠が使えない
  5. 一度相続放棄したら撤回できない

これらのデメリットを踏まえた上で、

「相続放棄のデメリットを知らずに相続放棄した結果、落とし穴にハマった」

ということがないようにしてください。

貴方も抱えていませんか?借金のお悩み。解決の糸口はここにあります【杉山事務所】