遺品整理をすると相続放棄ができなくなる!相続放棄の注意点を解説

相続放棄

相続放棄をするつもりなのですが
遺品整理はできないのですか

もしもあなたが相続人の立場で、亡くなった方に多額の債務があったり、相続したくない遺産(不動産など)がある場合、相続放棄することを考えているかもしれません。

相続放棄をする予定の場合、遺品整理をすることはできません。

この記事では、相続放棄をするときの注意点として遺品整理という観点から解説していきます。

相続放棄したいけれど遺品整理しなければいけない立場にある人の助けになれば幸いです。

1.遺品整理をすると相続放棄ができなくなる

遺品整理をすると相続放棄ができなくなってしまいます。

なぜなら遺品整理をすると単純承認をしたとみなされるからです。

単純承認とはプラスの財産もマイナスの財産も全て相続するということで、いわゆる普通の相続です。

第九百二十条 相続人は、単純承認をしたときは、無限に被相続人の権利義務を承継する。
(法定単純承認)
第九百二十一条 次に掲げる場合には、相続人は、単純承認をしたものとみなす。
一 相続人が相続財産の全部又は一部を処分したとき。ただし、保存行為及び第六百二条に定める期間を超えない賃貸をすることは、この限りでない。
二 相続人が第九百十五条第一項の期間内に限定承認又は相続の放棄をしなかったとき。
三 相続人が、限定承認又は相続の放棄をした後であっても、相続財産の全部若しくは一部を隠匿し、私にこれを消費し、又は悪意でこれを相続財産の目録中に記載しなかったとき。ただし、その相続人が相続の放棄をしたことによって相続人となった者が相続の承認をした後は、この限りでない。
引用:民法第九百二十条・民法第九百二十一条

もしもあなたが相続財産となりうる遺品を不用品とみなして処分してしまった場合、単純承認したとみなされてしまいます。

一度でも単純承認をしてしまうと、撤回はできないため相続放棄したくてもできなくなってしまいます。

第九百十九条 相続の承認及び放棄は、第九百十五条第一項の期間内でも、撤回することができない。
引用:民法第九百十九条

注意
  • 相続放棄する前に相続財産となりうるものを処分してしまうと単純承認とみなされる
  • 一度単純承認すると撤回することはできず相続放棄できなくなる

2.形見分けをする場合の注意点

相続放棄をしても、亡くなった方との思い出の品を形見としてもらうことはできます。

例えば、亡くなった方との写真、残された手紙などがそれにあたります。

しかし、腕時計や骨董品などの金銭的な価値のあるものは、形見としてもらった場合でも、相続放棄することができなくなってしまいます。

注意
  • 相続放棄をすると金銭的な価値のあるものは形見として受け取ることができない

3.遺品整理するなら専門家に相談するのが無難

相続放棄をしてはいけないと言われても「遺品整理をせざるを得ない」ケースはあります。

相続放棄したいけれど遺品整理したいという場合は、専門家に相談するのが無難です。

専門家に相談すれば「そもそも相続放棄をするべきなのかどうか」ということから「相続放棄する人が触っても良いものといけないもの」についてまで判断してくれます。

「自分が遺品整理をしなければいけない立場にある」

「自身ではどこまで触っていいのか判断しきれない」

という方は一度専門家に相談しましょう。

【アース司法書士事務所】

注意
  • 自分で判断できないときは専門家に相談する

4.相続放棄した人にも管理義務はある

相続放棄したときに注意しなければいけないことは、相続放棄をした人にも、財産の管理義務は発生するということです。

第九百四十条 相続の放棄をした者は、その放棄によって相続人となった者が相続財産の管理を始めることができるまで、自己の財産におけるのと同一の注意をもって、その財産の管理を継続しなければならない。
2 第六百四十五条、第六百四十六条、第六百五十条第一項及び第二項並びに第九百十八条第二項及び第三項の規定は、前項の場合について準用する。
引用:民法第九百四十条

例えば、被相続人の住んでいた空き家が倒壊したり火災が発生したりして周辺に被害を与えた場合、相続放棄をしていても管理責任が発生します。

注意
  • 相続放棄していても管理義務は発生する

5.責任を免れるための相続財産管理人

相続放棄して誰も遺産を管理する人がいない場合、相続財産管理人を選任が必要です。

相続人の存在,不存在が明らかでないとき(相続人全員が相続放棄をして,結果として相続する者がいなくなった場合も含まれる。)には,家庭裁判所は,申立てにより,相続財産の管理人を選任します。
相続財産管理人は,被相続人(亡くなった方)の債権者等に対して被相続人の債務を支払うなどして清算を行い,清算後残った財産を国庫に帰属させることになります。
なお,特別縁故者(被相続人と特別の縁故のあった者)に対する相続財産分与がなされる場合もあります。
引用:裁判所

相続財産管理人を選任する際は裁判所のHP(相続財産管理人の選任の申立書から申立書をダウンロードすることができます。

相続財産管理人を選任する際にネックになる点は、費用がかかるということです。

収入印紙800円分と官報公告料4230円に合わせて、裁判所に支払う予納金20万円〜100万円ほどが必要になります。

6.まとめ:相続放棄するなら遺品整理はできず管理義務は残るので注意する

相続放棄をしたい人に向けて、遺品整理の可否について解説しました。

相続放棄をすると、遺品整理をすることはできず、金銭的な価値のあるようなものは形見として受け取ることができません。

手紙や写真などの金銭的な価値はない思い出の品は受け取ることができますが、中には判断が難しいものもあるでしょう。

「そんなつもりじゃなかったのに」ということにならないように判断が難しい場合は専門家に相談しましょう。

「どこまでならもらっても良いのか」
「そもそも相続放棄をしなくても良いのではないか」

といったことに関して適切なアドバイスをしてくれるでしょう。

【アース司法書士事務所】